最近の記事 参加ランキングです
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ

FXはハイリスクな取引でしょうか?

FXはハイリスクな取引でしょうか?

   
    
FX「外国為替証拠金取引」は危険だとよく言われます。



ハイリスクと言われるのはFXの最大の特徴である「レバレッジ」をかけて投資をするからでしょう。


確かにレバレッジの考え方を理解しないで保有額のすべてを高いレバレッジをかけて無計画な取引を行えばリスクは大変高いものとなるでしょう。

しかしながら、きちんと理解した上で取引を行えば、さまざまな面でメリットがあり、FXは決して危険な金融商品ではありません。

レバレッジは「かけることができる」のであって「かけなければいけない」のではないんです。

まだ比較的新しい取引ですので、親しみのない人にとっては怪しくて危ないもののように感じるでしょう。
けれども仕組みをきちんと理解して、正しい知識を持てばリスクを減らして効果的な運用ができることと思います。


FXが危ないというのは使い方次第、使う人次第ということですね。
むしろ、FXを学んでリスクがどういうものかを知れば、他の投資の良し悪しや、さまざまなモノの相場も見えてくるかもしれません。
リスクを上手にコントロールしてFXを使いこなしましょう!


リスクを回避するへ

 

外国為替証拠金取引とは?

外国為替証拠金取引とは?

  
  
  

FXとは外国為替(Foreign Exchange)の略です。

投資家の中では注目を集めているとはいえ、まだまだ「証拠金取引」って何?
という人も多くいます。


取引業者によって取引のルールやシステムが多少違いますが、
いずれも少ない資金を保証金として、その何倍もの資金を運用できる
取引です。

それを「レバレッジ」をかけると言います。
(レバレッジとは「てこの作用」の意味です。)



何倍もの資金が運用できるということは、少ない資金にもかかわらず
利益を大きく出せるといったメリットがあります。

一方、当然ながら損失を被るときも大きくなりますので、
高いレバレッジをかけて無計画な取引をすればリスクも高くなるわけです。


その証拠金取引のシステムで為替の売買をして運用するものがFXです。



インターバンク市場(銀行間で行われる外国為替取引のこと)
における外為取引は各銀行の資金力・格付けなどの透明性が確保されているため
金融機関同士では持ち高の上限に制限をかけることによって証拠金(保証金)
の預託を必要としていません。

一方、一般投資家はその資金力などの情報の入手や審査が困難なために
証拠金を担保として信用計算し、その範囲内で取引をすることとなります。

   

え〜と、つまりは少ない資金でも外貨をたくさん買えて高金利をいただいたり
為替差益でキャピタルゲイン(資産益)を狙ったりができるってことですね。


利益を大きく狙おうとすれば、当然リスクも大きくはなります。
けれども、どれだけのリスクをどのように取るかを決めるのはあなた自身。

その管理と適切な運用をすれば、リスクをコントロールしながら
大変効果的に成果を出すことができます。



少ない資金を効率よく運用できる、それがFXです。

  
  
  

  
  
  

スポンサードリンク