最近の記事 参加ランキングです
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ

FXオンラインジャパン

FXオンラインジャパン

FX市場、閑散とした中でも円独歩安、今全部決済したら500万円以上の利益です。(でも決済しません^^;)

先日紹介したFXマニュアルは5月14日まで特別価格だそうです。
5000本以上の売り上げだそうで、すごいですね!

もっと前の記事を読んだ友人に、悪い業者って○○?と聞かれましたが、セントラル短資ではありません!
「亮子の口座」で3つだけ紹介していますので、残りのセントラル短資だと思ってしまったんですね。
私は6つ取引業者の口座を持っていますが、ここでは紹介もしていないです。

先日、その業者(やっぱり名前は伏せようかなと思います)からは全額を口座から引き上げたので取引業者は5つになりました(^^)
悪いっていうか、私にとっては使い勝手が良くなかったです。
チャートは必ず他の業者のチャートを見ながら取引してましたから。
それと、翌日に成立した値を見てビックリ!が数回・・・

スリッページなんて、他の業者では去年のちょうど1年前くらいの大暴落の月曜日に一度あっただけです。
当然ですが、出金願いしたらすぐに銀行口座に入金されましたし、悪徳ということではないですけれど、改善の姿勢がないので、しっかりしていないなーという印象でした。

セントラル短資は問題ないですよ。システムも使いやすいしセミナーがとても良いです。とくにオンラインセミナーは、家で受けられるのでGOODです。

でも、(前にも書きましたけど、シツコイです^^;)
あるキャンペーンの確認をしたくて、メールしたのに返信が来ませんでした。
2回メールしたけど無視です〜
老舗で安心ということですけど、もっと大事なときにも小口の顧客は無視なのかなーなんて思うと不安ですね。

取引は少なめ(手数料があるけどスワップが高いのでスワップ狙い)でセミナーをフル活用しています。


何にしても、私にとって便利なのはエフエックス・オンライン・ジャパンです。

紹介したFXマニュアルに沿った取引方法でも、エフエックス・オンライン・ジャパンが活用しやすいと思います。
欲しい通貨ペアを網羅しています。

エフエックス・オンライン・ジャパンの最新デスクトップツールがデビュー!というメールが来ました。
さっそく使ってみます。

でも以前使ってみたツールバーは私はダメでした〜(><)
ブラウザの上に希望ペアのレートが5つまで並べられるんです。
もっと機能がありましたけど、とにかくなんだか格好良いですよね(笑)
でも、常にレートが見えるなんて、気が散って仕方がなかったんです。
ツールバーを外したら平穏な日々に戻ってホッとしました。
スワップ派はたまにチェックが一番ですね。

今から口座開設する人はいいですね!私、何も貰ってないんですけど・・・
FXOnline Japan 初めてのFXキャンペーン実施!

キャンペーン期間中に口座開設された人は、「ど素人がはじめるFXの本」(あの有名な羊飼いさん著)「羊飼いのFXゼミ」(オリジナルにつき非売品) 「FXOマウスパッド」の三点をプレゼント、だそうです。




外為どっとコム12月16日に金融先物取引業者に登録!

外為どっとコム12月16日に金融先物取引業者に登録!

外為どっとコムもついに金融先物取引業者に登録が完了しました。
これで金融庁のお墨付きもいただけて、より安心して利用することが
できそうです。
のんびりスワップ派には嬉しいことです☆

「外為どっとコム」 オンライン口座開設はこちらから
 

  
キャンペーン期間中でしたら口座開設でいろいろな特典があります。1000円キャッシュバックやedy3000円分プレゼントがあります。見逃さないでくださいね☆
私もグルメパックいただきましたるんるん7000円相当なのでかなり豪華ですよ(^^)
 

セントラル短資オンライントレード

セントラル短資オンライントレード

    
セントラル短資オンライントレード(株)から金融先物取引業登録完了の
報告メールが届きました。
まずは金融庁からのお墨付きをいただいて信用力の高さが証明されたでしょうか。

まだまだ登録されていない業者は多いですよね。
これからもお金を持ったまま消えちゃう業者が出てくるかしら??

あれ?あの会社も、あの会社もまだ登録されてない??
大丈夫なの?

金融庁の金融先物取引業者一覧

セントラル短資からのメール↓

---------------------------------------------------------
お客様各位

平素よりご愛顧いただきましてありがとうございます。

弊社は本日11月15日付で金融先物取引業の登録を完了しました事
をお知らせいたします。 

今後とも皆様のご支援に応えるべく、懸命の努力をいたす所存でご
ざいます。

今後ともセントラル短資オンライントレードの「日短FXダイレクト」をよ
ろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------
  
口座開設はこちらから!
  
  

ひまわり証券

ひまわり証券

  

「ひまわり証券」も安全性や取引の利便性でおすすめです!

顧客の証拠金は分別管理され、全額保全されていますので安心です。

証券会社ゆえの強みもあり、2005年11月22日をもって金融庁から
金融先物取引業者の認定が降りました。
  
最低10万円から預け入れが可能で1万ドル単位から取引ができます。
通貨の組み合わせが多数ありますので、柔軟な取引ができます。
そしてスワップポイントが高く、スワップや為替の含み益を決済しなくても
ポジションが持てます。(複利運用が可能ということですね)

また、ひまわり証券のデイトレ口座なら何回売買しても手数料は0円!
ですので買値より1銭でも上がって決済すれば利益になるのです。
余計なコストはかかりませんから損失も軽減されます。
デイトレ口座の証拠金率は2% (通常口座は5% )でレバレッジが大きくかけられ
チャンスも活かせますね。
デイトレ口座なら一日が終わるとその日のポジションをすべて自動的に決済するので、
心理的な負担が軽いという方も多くいます。

スワップ派、デイトレ派のどちらにもお薦めできる業者です⇒詳しくはこちら


詳しくはこちらをクリック↓
  
  

外国為替証拠金取引業者の選択は最も大切な問題です

外国為替証拠金取引業者の選択は最も大切な問題です

取引会社の選択は最も大切な問題です。

私たちの大事なお金を預託するわけですから業者の信頼性、健全性は
大変重要になってきます。
そしてその安全性、健全性はどの業者でも当然高いものであるとはまだ
決して言えないのが現状です。

ですから業者選びは非常に大切になってきます。

FX「外国為替証拠金取引」を取り巻く環境は刻一刻と変わってきています。
特に2005年7月の改正金融先物取引法の施行により悪質な業者が次第に
淘汰され、少しずつ私たちが安心して取引のできるシステムが整ってきています。

しかしながら、未だに「業者リスク」というものは存在しています。
むしろ、これからの数ヶ月で次々と倒産していく業者が出てくると予想されますので
(当然顧客の資金は持ち逃げです)少ない情報のまま業者を選択してしまうことは
避けなければいけません。

これについては日々のチェックと研究が必要だと思います。
「不労所得」を目指していても
これはやらねばならないことです。

たまにはご自分で業者に電話してみるなり、セミナーに
参加してみたりするのもいいかもしれません。

 





FX取引会社のおすすめについて

FX取引会社のおすすめについて

まず初めに申し上げておきたいことは「ここが絶対におすすめです!」と特定の業者を
お勧めすることはできません。
なぜなら投資スタイルは人によって様々ですので必ずしも私が良いと思う取引会社が
他の方にも適しているかどうかは分からないからです。

またFX取引業者にかかわらずどんな会社でも100%安全であるという断定は
できるものではなく、私たちはあらゆる情報を参考にしながらも最終的には自分の
判断で選択しなければならないのです。

何を基準に行動するにしてもその結果はすべて自分にかかってくるということを
自覚していなければなりません。
(偉そうに申し上げていますが、これ、数年前の私の失敗!絶対良いよ〜って
いう投資信託とか株とか保険とか、当てになりませんふらふら

以上を踏まえた上で、私の得た情報や経験から私が良いと思っている取引業者を
紹介していきますので、業者選択の参考になさってください。

外為どっとコムについて


セントラル短資オンライントレードについて


ひまわり証券について

2005年11月27日 FX取引業者の破綻が相次ぐ

2005年11月27日 FX取引業者の破綻が相次ぐ

  
  
最近ではもう聞きなれてしまったニュースですが、
昨日も「金融先物取引会社が続々と破たん」という記事が大きく取り上げられました。
11月26日付けの読売新聞の記事を抜粋します。

<ここから>
 
 取引業者の破たんが相次いでいる。

 8月以降、少なくとも27社。7月からの規制強化が背景にあるが、破たん直前に資産を別会社に移した疑いのあるケースもある。

 金融庁、証券取引等監視委員会は業者の監督や集中検査に乗り出し、7月以降、既に延べ39社に業務停止命令を出している。

 「少ない資金で取引できます」。埼玉県の60歳代の女性宅には、昨年10月ごろからこんな電話が頻繁にかかるようになった。株を売り、まとまった資金ができた直後のことだ。勧誘を受けたのは、「外国為替証拠金取引」。元手となる金(証拠金)を業者に預け、その数倍から数十倍もの外貨を売買、為替相場の変動で差益を得る仕組みだ。少ない元手で多額の売買をできる反面、リスクも高い。

 この女性は、東京・新宿区の取引業者に500万円を預けたが、同社は今年10月20日に事務所を閉鎖し、破産手続き中。会社からは証拠金の返還も説明もなく、「夜逃げのように連絡を絶つのはひどい」と憤る。

 元社員らによると、同社は顧客と自社の資産を分けて管理しておらず、経営陣は破たん直前、役員の親族企業を経由して約8000万円を別の同取引業者側に送金。この会社を買収し、一部の社員を移籍させた。社長は「顧客である役員の親族企業に返金しただけ」とするが、元社員らは「顧客資産を買収資金の一部に流用した疑いがある」と、関東財務局に通報したという。

<ここまで>



今年7月より施行された「改正金融先物取引法」により、外国為替証拠金取引を取扱う会社すべてが金融庁へ登録することを義務付けられましたが、当然不健全な業者には認可が下りないわけで、そうなると今後は業務を続行することが不可能になります。

まだまだ来年にかけて取引業者の倒産が増えていくでしょう

悪質な業者が淘汰され、一日も早く誰もが安心して取引できる環境が整って欲しいと思います。

今一度、ご自分の取引されている会社を見直してみる必要がありそうですね。


  
ところで、レフコ問題については解決の方向で進んでいるようですが、私も
レフコジャパンへ口座開設の申し込みをしていたのです。
オンライン手続きを済ませ、翌日に本人確認証をFAXする予定だった矢先に
RefcoのCEOが4億3千万ドルの不正流用で8月に上場した株が大暴落との米ロイター
のニュースを受けました。
あのアメリカでも大変大きな会社がそのまま破綻するなどその時は考えませんでし
たが、口座開設はいったんキャンセルしようと思い、手続きをストップさせました。
私が本当にたまたまこのニュースをいち早く知っていなければ、そのまま
口座開設してすぐに入金していたでしょう。

私はレフコジャパン宛に口座開設キャンセルする旨の連絡を怠ってしまった
のですが、その間にレフコジャパンからは本人確認証の送付の催促メールが
来たんですよね。自動メールではなく担当者さんからだと思います。

その時レフコジャパンはすでに状況を把握していたと考えますが、さすがに
この時点で何も知らない顧客にわざわざニュースを伝え、口座開設をいったん
停止する、などということはしなかったようですね。
その後の展開はこのときまではレフコジャパンでも予想がつかなかったのでしょうか。

もちろん、今回はこちらの事情によりキャンセルさせてくださいとのメールを
すぐに出しました。
そして後日、レフコジャパンでも支払いが滞っているとの情報を得まして、
あらためて取引業者のリスクというものがあることを再認識しました。
レフコについてはFXCMが顧客口座を買収し、お金は全額返還される方向で解決
されるようですが、その間の顧客の不安は計り知れないものだったと思います。


この問題と、悪質業者との問題は別のものとして考えたいと思いますが、業者の
リスクというものはいかなる時でもゼロではないということはいつでも頭には
入れておきたいと思います。


昔、山一證券にお世話になっていたときには私もその倒産でショックをくらったので
すが、その時の山一の社員さんの対応はすばらしかったです。
本人たちでさえきっと寝耳に水で大変だったろうに、きちんと大変丁寧に、たいした
客でもない私にまで長い時間をかけて対応してくれました。
もちろん全預金・全保有株が短期間で戻ってきました。
しかし、山一證券の場合でも、いかに社員が優秀で健全に仕事をしていたとしても
トップに問題があれば破綻してしまうこともあるのだと、その時は痛切に感じたものです。
  
もうそのようなショックを受けることのないよう祈りたいですが、きわめて健全で
安全性の高い業者であってもこればっかりは分かりません。


とはいえ、今の時代に外貨を持たないリスク、何もしないリスクを考えれば、
私はFXによって外貨で資産を運用していく方を選びますので、業者選びは慎重に
行い、複数口座を持つことで対応していきたいと思います。
何よりも必要最低限、悪質な業者はしっかりと見極める知識が必要ですね。


 
   

進められる法整備。金融先物取引法

進められる法整備。金融先物取引法

  
FXにおけるリスクのひとつである業者の信用リスク
知っておきましょう!

FXはれっきとした投資手段のひとつであり、決して危なくてアヤシイ取引では
ありませんが、1998年の外為法改正以降の新しい取引法なので法整備が不完全で
あったがために業者に対する規制もなく、それゆえにトラブルが多くありました。

裁判となったケースや、外国為替証拠金取引を装った業者が逮捕されるという
詐欺事件なども発生しました。

悪質な業者の中には、「銀行の外貨預金と同じ。」とあたかも証拠金が保証されて
いるような説明をするなど誤った情報提供や、さらには虚偽の説明による詐欺的な
勧誘を行う業者も現れました。

そのような状況を背景に金融先物取引法が平成17年7月1日から
施行されました。

法律改正の主な内容は以下のとおりです。

=============================
 
(1)金融先物取引業者の登録(法第56条、第59条)
   金融先物取引業を登録制とし、審査に通らなければ
   取引業務ができなくなる。
 

(2)禁止行為(法第76条)
   
  @訪問又は電話による勧誘を行うこと。

  A契約意思のない顧客に対する勧誘をすること。

  B断定的判断を提供して顧客を勧誘すること。

(3)広告の規制(法第68条)
   広告には手数料やリスクに関すること等の
   重要事項について表示しなければならない。


(4)書面の交付(法第70条、第71条、第72条)
   契約締結前、取引が成立時、証拠金を受領時に
   書面を交付しなければならない。


(5)誠実公正義務(法第75条)
   金融先物取引業者並びにその役員又は使用人は、
   委託者等に対して誠実かつ公正に、その業務を
   遂行しなければならない。


(6)適合性の原則(法第77条)
   金融先物取引業者は、顧客の知識、経験等に照らして
   不適当と認められる勧誘を行い顧客保護に欠けることと
   なること等のないように業務を行わなければならない。


(7)自己資本規制比率(法第82条)
   銀行等以外の金融先物取引業者は、資本等の合計額から
   固定資産等を控除した額の、その行っている金融先物取引等
   により発生しうる危険に対応する額の合計額に対する比率
   (自己資本規制比率)を算出し、届け出なければならない。
   また、金融先物取引業者は、自己資本規制比率が120%を
   下回ることのないようにしなければならない。


(8)外務員(法第95条)
   金融先物取引業者は、金融先物取引の受託等を行なう者
   について、登録を受けなければならない。


(9)罰則(法第148条〜第169条)
   所要の罰則規定あり。

=======================

今後、金融先物取引業者の登録がされない業者が次々と顧客のお金をもったまま倒産・・・
の可能性もありますので皆さん、くれぐれも業者選びは慎重にしてください!!  

まずは上記の禁止行為を行っているような業者であれば要注意です。


外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムは国内最大手の外国為替証拠金取引専門業者です。
日本で最も有名な外国為替保障金取引専門会社ではないでしょうか。

2005年11月の時点では4万件の口座数、預かり保証金は総額347億円超と
非常に多くの人がここの口座を開いています。
とくに初めてFXをされる方はまずここの口座を開くことが多いのでは?
と思います。

金融先物取引法ももちろん遵守し、情報開示もきちんと行われており、
信頼性の高い業者であると思います。

顧客から預託された保証金については、円貨、外貨ともに住友信託銀行の
外為保証金分別管理信託口座で管理されており、外為どっとコムの固有財産とは
分別されていて安心です。
(この信託保全は業者を選ぶ際に安心して資産を預けられるかどうかの基準となります。)

取引単位が1000通貨と通常の取引業者の10分の1の単位から始められますので
初心者にはおすすめの取引業者です。

「外為どっとコム」 オンライン口座開設はこちらから
 

  
キャンペーン期間中でしたら口座開設でいろいろな特典がありますよ。
私もグルメパックいただきましたるんるん
シチューとハンバーグのセットを選びました☆すごい豪華!美味しかったです〜!
 
  



スポンサードリンク