最近の記事 参加ランキングです
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ

日本振興銀行の破綻!破綻処理は?

日本振興銀行の破綻!破綻処理は?

FX主婦日記 9月10日

お久しぶりです。試験勉強のため(何の??)今年中は更新しない予定でしたが、ちょっとだけ。
ついに日本振興銀行破綻しましたね。
さて、日本振興銀行には定期預金をしていますが、これからの破綻処理がどうなるのか気になるとこです。

破綻処理山一証券以来です^^

せっかくの機会ですので(?)日記にしておかなければ〜目

日本振興銀行のホームページはつながりにくいので預金保険機構のホームページへ。
トップページに破綻後の処理の詳細が載っています。

ペイオフにより元本1000万円までとその利息保証されます。

1000万円を超えるものは日本振興銀行の財産状況に応じて支払われますが一部カットされる可能性があります。

もちろん、私は1000万円以内なので元本とその利息は保証されます。

*ダンナも日本振興銀行定期預金がありますが、名寄せは家族でも1個人ずつ別々なので大丈夫です。

↑↑↑預金前にしっかり確認済みですが、改めて、預金保険機構の説明でも明記してありました。

払い戻し方法は:

第二日本継承銀行(ドコ?)へ事業譲渡される日の前日までに満期になった定期預金
→→→従来通りに元本とその利息が支払われる。

■まだ満期事業譲渡日より先の定期預金(私はコチラ)については以下の通り↓↓↓

第二継承銀行に事業継承した後に、金利引き下げを伴う定期預金の引き継ぎへの同意確認書が郵送される。

・引き継ぎに同意した場合はそのまま第二銀行へ。

・同意しなければ、日本振興銀行が破綻した日(今日?)までの利息と元本が支払われる。


同意確認書の郵送はこれから4ヶ月後くらいみたいですので、このまま待ってます。

引き継ぎ銀行から提示される適用利率がどんなもんか分かりませんが、フツーに低いでしょうね。
おそらく同意しないで払い戻しにすると思います。

1年の定期預金で1.5%〜2%の金利がついたと思えばお得でしょうか。


これまでの一連の事件で不安になって途中で解約した人も多いと思いますが、
そうすると適用利率中途解約利率(当然超低いです)になってしまうので大損です。


ではではお友達とランチに行ってきま〜す晴れ

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク